アパート経営で『失敗をする人』にならないようにするために知っておきたいことのリスト

せっかく一大決心をしてアパート経営をするわけですから『失敗をする人』になって良いなんて思っている人はいないと思いますので、アパート経営に興味がある人は是非ともコチラのサイトの情報をご確認ください。

アパート経営を始める前に想定できるリスクを知る

アパート経営を始める前に想定できるリスクを知る

これはアパート経営だけに留まらず、不動産投資すべてに共通して言えることになります。投資はリスクを軽減させることが重要になりますので、アパート経営に関するリスクには十分理解をして始めることをおすすめします。

■共通した不動産投資のリスク
入居者がいないことで収入がない、中古物件の欠陥や瑕疵物件、家賃滞納などがあります。確かにリスクになりますが、良い不動産投資会社であれば、いくらか軽減させることができます。入居者が入る物件を紹介してもらう、家賃保証をしてもらえる会社を選ぶなど対策もあります。

■金利上昇で困窮
多くの人が融資を受けて始めるのが不動産投資であり、金利が上昇してしまうと、利回りが悪化することがあります。シュミレーションをすることでいくらかは回避することができますが、日本経済が景気の改善を図っている以上、金利が上がるリスクを軽視することはできません。

非常に重要なリスクマネジメントが求められます。

■見落としがちなリスク
賃貸会社が倒産することで、敷金礼金そして家賃を回収できなくなる可能性もあります。従業員や資本金が多いなど良い賃貸会社を選ぶことが大切です。また不動産投資会社が賃貸管理も同時にしてくれることもあります。あと災害です。特に地震が多いのが日本の特徴であり、建物のことを考えれば大きなリスク要因になるでしょう。

地震保険の完備、それに伴う家賃保証など欠かせないマネジメントになります。

■リスクを知れば怖くない
リスクは怖い存在ですが、それを知れば対処することができます。不動産投資のリスクの多くが予測することができるものですので、それを知り対策を練っておきましょう。不動産投資においてリスク管理はとても重要です。

◆アパート経営を成功させるにはどんなコツがある?
マンションの一室を購入するマンション経営に比べると、アパート経営は建物と土地を購入することになり、資金が必要になることからハードルが高い投資になっています。それを成功させるためにするべきことがあります。

■物件と資金集め
資金を集めて物件を選ぶように感じられますが、まずは物件あっての不動産投資です。その物件の購入価格によって資金を集めることになりますので、良い物件を探すことに尽力しましょう。不動産についてわからない人が良い物件を見つけるのは困難です。

そこで頼りになるのが不動産投資会社になります。投資を続ける限り、良きパートナーになってもらう必要がありますので、最良な会社を選んでください。

■メリットを深く理解する
収入を得るには入居者が必要です。そのためには良い物件を購入しなければなりません。ここにこそ良い物件の意味が分かるでしょう。不動産は資産になりますが、税金控除においても大きな効力を持ちます。アパート経営をして土地を持っているからこそ、控除の効力を最高に引き出すことができます。

このようなメリットを十分に理解することも求められます。

■リスクを減らす
投資で一番大切なことは、収益のことを考えるのではなくリスクを減らすことです。どこにもでリスクはあり、それを軽減することが求められます。日本社会自体リスクを認めない傾向があり、それを軽減する力が弱いです。なかなか普段からは養うことができませんので、不動産投資をする上ではとても大切な概念になります。

■総合的な視野を持とう
狭い視野を持ってしまうと、不動産投資もうまくいきません。広い視野を持ち、総合的に考える力が求められますので、それを駆使して成功に導く努力をしましょう。

アパート経営で失敗をしないために