アパート経営で『失敗をする人』にならないようにするために知っておきたいことのリスト

せっかく一大決心をしてアパート経営をするわけですから『失敗をする人』になって良いなんて思っている人はいないと思いますので、アパート経営に興味がある人は是非ともコチラのサイトの情報をご確認ください。

© アパート経営で『失敗をする人』にならないようにするために知っておきたいことのリスト All rights reserved.

家族に残すことができるアパート経営の資産価値

資産としても有効になるのが不動産投資であり、その他にも家族に残せるものとしてある商品があります。そのひとつとして優秀な商品がアパート経営です。家族に残せるものとして、優秀な存在であることを実感しましょう。

■なぜアパート経営が良いのか?
一棟と土地を購入することになりますので、資産価値が高まります。建物は老朽化していくのが使命であり、15年経過すると、そのものの価値がなくなっていきます。しかし土地はそれがありません。大きな資産として残ってくれます。土地があるのとないとではまったく資産の価値が変わってくることから、アパート経営のメリットがそこにあります。

■資産として優秀
土地そのものが資産になります。災害によって損害を受けて建物がなくなったとしても土地は残ることから、ここにこそ大きな資産価値としての優秀さがわかるでしょう。また不動産購入時に金融機関から融資を受けることになりますが、その際に団体信用生命保険に入ることになります。

これはローン契約者が死亡または高度障がい者になった場合、生命保険会社が残債を支払ってくれる制度です。不動産をそのまま家族に残し、そして安定した家賃収入を得ることができます。

■税金の控除としての力
土地があることで相続性と贈与税が80%も控除されます。区分マンション経営では、このようには行きません。残される家族に関わる税金になることから、大きな効力があることがわかるでしょう。ここにもアパート経営の優れている部分があります。

■優秀なアパート経営
家族に残すものから考えると、大変優秀であることがわかるでしょう。資産を家族に残したいと考えている人は、不動産投資を選び、そのなかでもアパート経営を検討することをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

入居者が集まる物件を選ぶことがアパート経営最初の仕事

アパート経営はお金をかき集めるのが最初の不動産投資の仕事のように見えますが、最初にするべきことは良い物件の情報を集めることです。入居者がいな…

資産として考えたときのアパート経営の大きな利点をきちんと把握しておきましょう!

不動産そのものが資産として残りますので、大きな価値があることがわかりますが、アパート経営そのものが資産として大きな意味があります。それを紐解…

アパート経営を始める場合新築と中古どちらが良い?

それぞれにメリットとデメリットがありますので、最終的には魅力を感じた方が良い物件になるのが、アパート経営の新築と中古です。それぞれに特色を持…

ページ上部へ戻る