アパート経営で『失敗をする人』にならないようにするために知っておきたいことのリスト

せっかく一大決心をしてアパート経営をするわけですから『失敗をする人』になって良いなんて思っている人はいないと思いますので、アパート経営に興味がある人は是非ともコチラのサイトの情報をご確認ください。

© アパート経営で『失敗をする人』にならないようにするために知っておきたいことのリスト All rights reserved.

アパート経営を始める場合新築と中古どちらが良い?

それぞれにメリットとデメリットがありますので、最終的には魅力を感じた方が良い物件になるのが、アパート経営の新築と中古です。それぞれに特色を持っていますので、それを理解して選ぶことをおすすめします。

■新築を選ぶことで起こり得るメリット

新築というブランドだけで大きなメリットになります。少々家賃が高くても入居希望者がいますし、また新築そのものに価値があることで、金融機関から融資を受けられやすくなるメリットがあります。不動産融資は購入予定の物件そのものが担保になりますので、資金確保として有利に働くはずです。

■中古にも恩恵がある

初期費用を抑えることができるのが、中古物件最大の魅力になります。また入居者が入ることを前提として購入することができますので、利回りが高い物件を選びやすくなります。初期費用が浮いた分、建物の修繕費に充てて住みやすい環境にし家賃を高くするのも、立派な不動産投資の戦略です。

■最終的には資金の問題になる

「新築と中古どちらを購入した方が良い?」という質問に終始するのではなく、どちらにメリットを感じるのかが重要です。最終的には資金の問題になることも多く、残念ながら新築を購入することができなかったということも多いです。自分の資金力にあった不動産投資をすることも重要な判断となり、それがリスク軽減に繋がります。

■向いているで選ぶのも良い判断

最終的な判断は、契約者の好みになりますので、新築と中古物件のメリットをうまくつかむことが大切です。対象となる土地そのものが持っている個性もありますので、それを判断して良い物件を見つけてください。どちらの物件が自分にとって運営しやすい、もしくは向いているのかで選ぶのもあながち間違いではありません。

関連記事

コメントは利用できません。

入居者が集まる物件を選ぶことがアパート経営最初の仕事

アパート経営はお金をかき集めるのが最初の不動産投資の仕事のように見えますが、最初にするべきことは良い物件の情報を集めることです。入居者がいな…

資産として考えたときのアパート経営の大きな利点をきちんと把握しておきましょう!

不動産そのものが資産として残りますので、大きな価値があることがわかりますが、アパート経営そのものが資産として大きな意味があります。それを紐解…

家族に残すことができるアパート経営の資産価値

資産としても有効になるのが不動産投資であり、その他にも家族に残せるものとしてある商品があります。そのひとつとして優秀な商品がアパート経営です…

ページ上部へ戻る